<   2010年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Carette


今日は私の好きなケーキ屋の上位に入る店を紹介します。

a0147837_18181649.jpg


Carette(カレット)

創業80年以上という長い歴史を持つお店…
それなのにケーキはめちゃ美味しいし綺麗なんです!
見た目はカフェですが(というかカフェか)
中に入るとショーケースがあり
その中でひっそりあるケーキたちが目玉です。
あいにく、並んでるケーキの写真は撮れなかったのですが
今回買ったケーキを紹介。

a0147837_18213061.jpg


MARACANA 5.50ユーロ
ショコラ生地に中にはガナッシュショコラ、上のクリームはカフェ。
あと白く見えるのは胡麻。

発想はいたって普通…?かなって思ったけど
甘さのバランスもいいし、嫌いじゃない味。
フランスのケーキは甘すぎたり、見た目がきれいじゃなかったり
見た目がきれいでも味がパッとしないものもあったり。
きっと好みもあるんだろうけど、この店のモンブランを前に
食べて感激したのを忘れてない私。
やっぱり美味しいケーキはいいものです♪

Caretteからすぐはエッフェル塔が見える絶好地。

a0147837_18255334.jpg


あいにく曇り空でしたが
フランスはよく曇りが似合う。
エッフェル塔と共に長く親しまれるお店。
そして、その味を進化しつつ、それでも味を落とさない。

Parisに来る機会があったら是非どうぞ。

Carette
4 place du Trocadero et du 11 Novembre
75016 Paris
tel 01 47 27 98 85
無休 7時~翌0時
http://www.carette-paris.com/
[PR]
by s_ma_vie | 2010-01-30 18:31 | Gateaux

ファッションショー


昨日の夜、突然友達の誘いでファッションショーを見に行ってきました!

Parisだから…パリコレ☆
いやいやいや(^人^;)丿

個人のショーで、テーマは「光る」ウェディングドレス。
ちょっと見にくい場所だったけど、写真もいっぱい撮れた(*^_^*)

a0147837_17432678.jpg

ちょっと解りにくいと思うけど、ドレスに電球を入れて
光るようにしてあります。
a0147837_17435999.jpg
a0147837_17442946.jpg
a0147837_17445772.jpg
a0147837_17453775.jpg
a0147837_1746090.jpg

美しい背中…!(見るところ違うし(笑))

a0147837_17462752.jpg


メインはこの花柄のドレス。
可愛かったです。
着る直前まで縫っていたそうです;本当にお疲れ様ですね…。

実は、このドレスを作りすべて企画したのは日本人の方なんです。
すごいですね。
海外で活躍するって本当に努力と気力のたまものだなぁって今回はつくづく思いました。
職種はなんであろうと、こうやって自分の色、主張ができること。
その結果がこうやって出るということが素晴らしいと思った。

そしてウェディングドレスを着れる日はいつになるんだろうか、私(笑)
と考えながら、それまでに自分の意思と精神を高めてたくましい大人になろうと思いました。
体は充分たくましいんだけど…(笑)

また、いろいろ考えられたいい夜でした☆
[PR]
by s_ma_vie | 2010-01-28 17:53 | France

考えることの大切さ


いやいやいや~
やっぱり休みの日に天気がいいと最高だね!

a0147837_18391134.jpg


ある日のこと

料理人の友達とご飯に行った時のこと。
ご飯中にいきなり
「もうフランス料理だけをやっているようじゃ売れないんですよ」
と言いだした。
その人曰く、フレンチはやはり原価がかかるしがっつりフレンチ料理をする
と言っても、田舎で人気が出るのは時間がかかるしやっぱり値段が高くなると…

そしてその人はこうも言いだした。
「日本に帰ったら、弁当屋やろうと思うんですよね」って!
最初は「え!!」って思ったけど
その人は地元に帰るようで、弁当を美味しく安く作って売れば、田舎では
きっと受ける、そして売れると言っていた。

単純な私は…確かに!

と納得(笑)
確かに田舎と東京じゃ時差もあるし、売れ方が違う。
だからその発想と、そこに行きついた結論に私は感動を覚えてしまって(笑)

着たい服と自分に似合う服が違うように、
自分がやりたいことと「売れる」ことは違う気がする。

それはケーキも同じ事であって…

a0147837_18522011.jpg


ケーキ屋はリスクが高すぎる。

って話は以前から知ってるし、フランスみたいにフルーツが安くないし
基本的に原価がバカ高い。
それを承知で本気でケーキ屋一本に絞ってやるのは難しいのではないか
と思い始めた今日この頃。
カフェと併設も面白いかもしれないけど、売り上げがそんなにないことも知ってる。
ネット販売もあるのも知ってるけど…今の「流行」ってだけであって
今後どうなるかわからないのが、日本の恐ろしいところ(笑)

ということで、私もケーキ屋+αが必要だなと考え…
考え…
考えた割には…

私は基本的に他のものには興味がなくって
それは自分で十分理解してて、だから今後のためにも自分を変えなきゃいけない!
そう考えた。

なので、今年の目標☆
「いろんなことに興味を持つ」に決定!

フランスに住んでいながら
安いワインしか飲んでないし
チーズも全然食べてないし
パンも職場のパンを食べるくらいだから(笑)

脳細胞が若い間にいろいろ考えて、吸収して、それを今後に生かせれるような
人間になりたいなぁ…なんて考えつつ。

まぁ、そんなバカでかい店は考えてないんだけどね♪

万年の目標は「自分磨き」もあるんだけど。
実は、後者の方が難しいのであります(^^;)
[PR]
by s_ma_vie | 2010-01-27 18:55 | ひとりごと

Pain de Sucre のpain


うちのお店、pain de Sucreはパンも作っています。
厨房は地下にあり仕事上では全く別です。

パンの知識は無知に近い私ですが、けっこう美味しいと思っています!
仕事終りにいつも残ったパンを持って帰るのですが(ラッキー♪)
よく残るのがpain aux chocolat(チョコパン)
この前はなんとシェフが1つだけ残った
Chausson aux pommes(リンゴパイ)もくれてさらにラッキー♪
毎日、貰って帰るパンで生活をしのいでいます。うそです。

a0147837_17421945.jpg


この売れ残ったパンは捨てられるものがけっこうあって、勿体ないんですけどね!
この前はバケットを33本も捨てていました(涙)
勿体ない!!だからってそんなに食べれない;;

そんな、なんだかんだのpain de sucreですがメンバーもけっこう面白いんです。

最近、日本人の男の人が研修で入ったのですが
その人が熱があったみたいですが、それを最後まで言わずに働いてた時の事。

「どうして日本人は病気なのに働くんだ?フランス人は病気になったら2週間は休むぞ!
日本人は馬鹿だ!」
と、バッサリ言われました(笑)

そうそう、そう言った彼はNoelの貴重な日に休んだ彼。
後で休んだ理由を聞いたら

「喉が痛かったから」

……………………は?それだけで???

と、ぶっちゃけ思ったけど、それはフランスなんで(笑)

病気でも何も言わずに働く日本人。
病気だと即行休むフランス人。

昔、バカンスのためにフランス人は仕事をするんだよって聞いたことがあるけれど
フランス人から見たら日本人で不気味なんだろうなって思いました。
その国の違いが仕事でもハッキリでるのですが…それはまた今度。
[PR]
by s_ma_vie | 2010-01-24 17:50 | France

姉さん、事件です!


はい~懐かしいセリフ!(笑)

私の部屋はまだ住んで1年3ヶ月ながら
いろいろ事件が発生します。

漏水2回
電球爆発1回
鍵の閉じ込め1回
家具の故障多々…

一部は自分のせいもあるけど
漏水はフランスの部屋なら当たり前だって
言ってもいいくらい、住んでる人なら誰でも経験してます。

そして今週の月曜日
ついにまた事件です(笑)

最近、部屋の窓が開きにくくって
換気したくて開けようとしたら開かず
引っ張ってたらドアノブがすっぽりとれました!!



ぎゃー(((((((((((((((@△@)


とは、ならなかった私。
ってか、ドアノブ普通とれる??こんなに簡単に????

自分で直せるかもって思って、ネジを入れても
自分1人でできなくって、はぁ~ってなって
それはそのまま放置して…就寝(笑)


次の日に大家さんに問い合わせたり、知人に詳しい話を聞いたりで
大変だったけど、修理にも来てもらって
お金の面もなんとかうまく解決して
よかったよかった☆
しかし、うちの大家はちょっとケチ??ってかフランス人っぽく
抜けてるところがあって、会話が噛み合わないことも多々あるけど;;

今も洗面台の電気は付かないまま放置してあるし
鍵はしっかりかからないままになってるし…
(鍵はしっかりかからないけどオートロックなんで
基本的には大丈夫だと、鍵屋のにいちゃんは言ってた)
↑ほんとかよ!(笑)

私の部屋は一体どうなってるんだ!
事件がありすぎる部屋ながら、きっと帰る間際になって
ものすごいことが起こるのではないか!とドキドキしてる私なのでした(笑)

a0147837_18204323.jpg
[PR]
by s_ma_vie | 2010-01-22 18:20 | France

the time


休みの日に天気がいいと気分がいいね!


a0147837_2042960.jpg


友達が久しぶりにParisに帰ってきたのでお茶に行ってきました。
友達が行ってみたかったカフェへ・・・・

入った瞬間「あ!ここ!!」
この店2008年のカフェスイーツって雑誌に取り上げられてたパン屋&カフェのお店。

私が前から密かに行きたかったお店だったからすごく感激☆

a0147837_20442242.jpg


a0147837_20453390.jpg


a0147837_20481844.jpg



7区にあるLe Boulanger des Invalides
本店はLyonにあるらしく、Parisは支店だそうで(カフェスイーツ参考)
パンの数を多くしない代わりに、材料の質を吟味しているそうです。


私が可愛いと思ったのはこの天井!
a0147837_20511790.jpg

こんなところにまで店づくりをしているこだわり。


友達との話は尽きず、気付けば4時間が経過(笑)
ファミレスじゃないぞ!(努)と言わてもおかしくないくらいいました。
ケーキ2個ずつを食べて、お腹いっぱいになって満足♪満足♪
普段あんまりパンは食べないんですが、ここのパンも悪くない感じ。
クロワッサンがちょっと黒かったのが気になるけど(笑)


a0147837_20551921.jpg

一人でコーヒーを頼んで新聞を読んでたおっちゃん。
仕事帰りにこんなところ寄って・・・・おしゃれ生活じゃんね(笑)


Parisもまだまだ知らない店や場所がいっぱいあるなぁ、って思った今日この頃なのでした~。まる。


Le Boulanger des Invalides
14 avenue De Villars 75007
ferme/Dimanche
[PR]
by s_ma_vie | 2010-01-20 21:00 | France

帰国日決定…か!?


なんだかんだ、帰国日が自動的に決まりました!!
自動的って言うのは、パティシエ友達が同じ6月に帰るから
「じゃあ一緒に帰ろう!」と言われて、
本気じゃないだろう、と思ってたけど
この前会ったら本気だったようです!!(爆)

ということで・・・・・・・

6月4日(金)日本に帰りま~~す!!
と言っても、友達に合わせて成田(笑)

しかも家は5月いっぱいで引き払う(予定)だから後の4日間は放浪…。
友達の家に泊まるか
そこらのホームレスと仲良くなって一緒に寝るか
ブローニュの森でテント張るか(笑)
4日間の過ごし方は自由自在!
ってか、全部未定なんだけどね~♪

そう思ったらParis滞在もなんだかんだ4カ月半・・・。
逆算したら、もう4ヶ月半なんだって考えたら急に焦り出す私(今更)
後のParis生活を無駄のないように、そして満足のいく毎日に少しでも近づけるように
人に感謝して過ごさないとなって思いましたとさ♪
[PR]
by s_ma_vie | 2010-01-17 17:10

Pourquoi vous etes patissier?


日本語に訳すと
「どうして貴方は洋菓子職人なんですか?」
になります。

これはこの前、シェフが怒った時に従業員の子に投げかけた言葉。

事の発端は些細なことで、窯の性質に違いがあるのにその子は
入れてはいけない窯の方に入れて焼いていて・・・
と、簡単に言ったらそんなかんじ。

その子はシェフのその言葉にショック(&逆ギレ)して
シェフが去った後で「じゃあ、俺はパティシエじゃない!」って言い出して
他の子も便乗して
「俺も!俺も!!」なんて言い出して・・・。
話題はそれで持ち切りだったある1日。

新年早々、我が店の今年の流行語大賞を狙えるのでは!?
なんて一人で思ってました(^^;)←あほです。


しかし、いつもならサラッと流せるのに
その言葉だけは私の中で深く根付いていました。


どうして私はパティシエなんだろう?



この仕事についてもう6年目・・・。


この仕事に就こうと思ったきっかけは
中学3年の時。
将来何がしたいかで悩む時期。
そんなある時、たまたま家でお菓子を作っていた時
「お菓子って楽しいなぁ。こんなに楽しいならずっと続けたいな。」
って思ったその「ひらめき」が私がこの業界へ足を踏み入れるキッカケになった。

ただ遊んでた専門時代が終わり、
「勢い」と「体力」だけで働いていた気がする。

ふと思えば、もう6年。


だけど実際はまだまだ卵で
技術も知識も半人前。
細工物もマジパンが不細工に出来上がるくらい(涙)
下手すれば、平凡な平社員・・・みたいな。
正直言って、私みたいなパティシエはたくさんいるだろうし
私は底辺でもがいてる、なんとなくこの職業にしばりついてる
ただのパティシエなのかもしれない!!


考えは超マイナス思考に陥ったここ最近。


確かにこの年になって「好き」だけじゃやっていけない
世界の厳しさも知ってる。
「できる」ことが当たり前で「できない」「知らない」が許されない
場合があることも知ってる。



しかし、夢はある。
夢だけは。

「夢」は見るものではなく叶えるものである。
妄想ではない、想像するものである。
だけど「夢」を語るだけなら誰でも出来て、自由なのも知ってる。
「夢」に終わりはない。
だから人は叶えようとするのかもしれない。

全てに対して終わりはなく、始まりなんだということを。


結局、いい結論が出ないまま今も悩み中。
考えすぎる時期ってあるやん??って言われればそれまでなんだけど(笑)

きっと卵のうちは悩んで苦労して、それでいつかちゃんと道が見えるようになったら
ハッキリ言えるんだろうなぁ。




a0147837_2048431.jpg
[PR]
by s_ma_vie | 2010-01-14 07:58 | ひとりごと

寒い夜は


やっぱり鍋でしょ!

ってことで、日曜日にいつものなかよしこよしメンバーで
Galettes des Rois パーティがあったので参加しました。
私は空気を読まず、仕事帰りに手ぶらで参加(笑)最悪です(笑)

メインはガレットデロワ(ん?ガレット・デ・ロア??なんかな)
どっちでもいいけど、ご飯は鍋でした♪
やっぱり寒い日は鍋に限る☆
久しぶりに豆腐とか、しいたけとか、えのきとか食べれてハッピー♪

で、メインのガレットデロア!

a0147837_201289.jpg

これはParisじゃ有名店に入るBle sucreのもの。
パイ生地がキレイに上がってて、サクサク!
フェーブはオランダの木靴(風)でした。

a0147837_203468.jpg

こちらはショコラティエのジャンポールエヴァンのもの。
チョコのガレットデロア。
フェーブは地球儀。・・・・・なんで?(笑)

でも、でも、写真に撮り忘れたパティシエ友達のが一番おいしかった!

あと、何気にヒットした洋なしのワイン煮!
今度レシピ教えてもらう予定♪
a0147837_2051099.jpg



こちらもパティシエ友達作のチョコのムース☆
みなさん、パティシエやってんね~(笑)
すごいすごい!!ってか、私もパティシエじゃんね。
a0147837_2073283.jpg



そんなこんなで、突然ドレスアップする友達たち・・・・・(笑)
いつもこんなかんじで盛り上がってるわけなんだけど。
a0147837_208543.jpg



今回フェーブが当った人は暴露話という、特権(??)がついてて
(当りのはずなのに何故かはずれみたいなかんじだったけど(笑))
暴露話が私たちのブームになっている今日この頃なのでした♪

話しは尽きない夜だったけど、次の日も仕事だったから終電前には帰ったのでした!
久しぶりに大笑いして私の心もどこかスッキリした夜でした。

a0147837_20115812.jpg
[PR]
by s_ma_vie | 2010-01-12 20:12 | des amis

chef

pain de sucreは只今なかだるみ中であります。
仕事は多くもなく、お客もすべてガレットデロワに吸収(??)されるので
それと言って仕事もなく、疲れがない日々です。

それでも、そんな暇な時期でもうちのchef(店長)は誰よりも働いています!

今週は朝から晩まで働いています。
なんとも素晴らしい尊敬するシェフなのです・・・・・・が

そんな尊敬するシェフですが、けっこう見てておもしろいんです。
(嫌味ではなく素直に好意を持ってですよ~(笑))

・身長が低く、顔は熊さん
・誰よりもお菓子に必死
・とにかく綺麗好き
・何よりも妻のナタリーが大好き
・怒っている内容もけっこう筋が通っている
・たまに一人で不敵な笑みを浮かべている(笑)
・失敗作のケーキを見た瞬間(失敗度上級レベル)
 いつも「ハァー!!」と悲鳴にも似た声を上げる
 (その声が遠くから聞くとちょっとおもしろい)
・失敗作のケーキを見た瞬間(失敗度中級レベル)
 顔をくしゃって、させて「あぁ・・・」って言う
・機嫌がいい時は「ありがとう」と日本語で言ってくれる

そんなシェフは何よりもどんな時もお菓子が大好きで

今日もガレットデロワの焼き加減を注意された時も
どうして違うのか、どうしたらいいのか、をちゃんと説明してくれた。


そんなシェフの下で働けてることを今日は改めて嬉しく思った。
だいたい私はマダムの下で働いているんだけど、やっぱり私はシェフという人を尊敬してる。

とにかくそんなシェフはシェフでいろいろ悩みはあるはずだから
私はとにかくシェフに「ハァー!」と言われないようにしっかり仕事しないとなって思った
今日この頃なのでした♪


そんなシェフが載ってるお店のHP
www.patisseriepaindesucre.com
[PR]
by s_ma_vie | 2010-01-10 05:25 | ひとりごと