<   2010年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

嬉しい出会い



嬉しい出会いとは突然やってくるものです。

私は家でネット出来ないので
家の近くのマックやスタバに行くのですが
ある日
スタバでブログを書いていると…
「ジャポネ?ジャポネ??」
と話しかけてきた女の人(笑)

ゆかりさんとの出会い。
彼女は京都出身の
世界を走り回るフルート・ピッコロ奏者。
かっこいい女性です!

彼女の気さくな雰囲気と
私の人見知りしない性格がすぐに意気投合して
運命の出会いを果たしました(笑)
彼女の元気な性格は私好み♪

そんな彼女のブログを紹介します。

http://yaplog.jp/yukarissimo

写真も綺麗だし、世界で活躍している様子がみられます。
本当に素敵な方でした!
必ずまた会えると信じて…いつか絶対にゆかりさんの演奏を聴きたいものです!

海外で出会える日本人はどんな人もかっこいい&そして輝いてると思います。
私は…どうかは知りませんが(笑)
[PR]
by s_ma_vie | 2010-03-31 23:25 | des amis

PLAZA -ATHENEE


今回スペインの知人と一緒に
プラザアテネのサロン・ド・テに行ってきました。
a0147837_18185357.jpg

ここは3つ星レストランがある超有名ホテル…。
私自身、ホテルでケーキを食べるのは初めてなんでドキドキ!

私の緊張をさらに駆り立てる雰囲気。
a0147837_1819558.jpg

ピカピカの食器類…。
a0147837_1824871.jpg


何もかも新鮮で、何もかもが緊張!
いや~貧乏人にはこの空気は慣れるのに時間がかかりましたさ!(笑)

さて、今回頼んだケーキはシェフパティシエのミシャラクさんが
2005年に出場したクープ・ド・モンド(パティシエの世界大会)で出したデザート。
a0147837_1821432.jpg

フランボワーズのグラスがメインでプラリネを合わせたもの。
飾りは飴で、砂糖飴を丸くした筒の中にはフランボワーズのソース…。
お値段16€…。ちなみに紅茶9€…。(これにプラスサービス代が入ります)

スペインから来た知人も世界大会経験者なので
いろいろそういう話も聞き、楽しい時間を過ごせました。
こんなに貴重な体験を出来るのもまたいいことです。
それに御馳走までしてもらって…本当にありがとうございました。
他にもパティスリー3つも廻り、私の胃袋はケーキとコーヒーという
ほぼ糖類のみで占められた1日でした。

1人予算25€
[PR]
by s_ma_vie | 2010-03-31 18:22 | Gateaux

Le Coude Fou


スペインから来る知人を招待するために
「日曜日に開いている美味しいビストロ」を探すこと3日…。
友達が日本のガイドブックに載ってたという場所に決めました。
向かったのが職場から近いHotel de Ville付近にあるビストロ。
予約するために電話したのに「席はいっぱいあるから大丈夫!大丈夫!」なんて
何故か予約できなかったお店。←さすがフランス(笑)テキトー!

前菜とメインを単品で3つずつ頼んでチョイスしながら食べました。

カマンベールの焼いたもの(中がトロけてパンにつけて食べると美味しかった!)
a0147837_1634491.jpg

ホタテとポテト(この組み合わせは…ありなのか?(笑))
a0147837_16344572.jpg

生ハムといかのトマト煮(イカの柔らかさがいいかんじ♪)
a0147837_16351994.jpg


メインも3皿。
カモ。
a0147837_16355328.jpg

鶏肉のクリーム煮。
何故かココットに入っているグラタンの方がでかい(笑)
a0147837_16363469.jpg

白身魚。
a0147837_1637524.jpg


いつも思うんだけど、料理の説明が下手くそですいません…(^^;)
料理の知識がないのがこれでバレバレ(笑)

ちなみに夜のMenuは26€です。
確かに席がいっぱいあるし、お客さんも多かったので悪くない雰囲気。
知り合いはなんと経験10年以上の料理人とパティシエという方なのに
満足してもらったみたいで人安心しました!
と言っても、彼らは星付きレストランで働いている人たちです;;

そして帰りに近くのBarに寄って、仕事についてひたすら語った熱い夜でした!
a0147837_16375033.jpg


12 rue de Bourg-Tibourg 75004
Tel 01 42 77 15 16
[PR]
by s_ma_vie | 2010-03-29 16:38 | France

シンプルこそ真の味…?


最近、お客さんが減って機嫌が悪いシェフ。
それでも帰りには気前よくミルフィーユをくれました♪

a0147837_6544018.jpg


パイ生地とカスタードクリームという本当にシンプルなミルフィーユ。

変わった発想のケーキも好きなくせに
自分自身はけっこうシンプルなものを好んで選んだりします。
料理も同じで。
餃子にタレはつけない。
軟骨からあげはレモンもつけない。
カニにも酢をつけたくないけれど、殺菌も兼ねてるので食べる時は
仕方なく酢をつけますが…(本当はいやー!ってなるけど)

元からついてる「味」を変えたくないんでしょうね(多分)


シンプルな味こそ実は一番難しいんだと思うのは私だけでしょうか?
たった1つのショートケーキにしろ
生クリームの味、スポンジの味とキメの細かさ、そしてフルーツとの相性。
それが一致して初めて美味しいって思うんだと私は思います。
今まで心から美味しいって思えたショートケーキはあるお店のものしかありません。
それくらい、シンプルなものをいかに生かして作り上げるかが実はけっこう
難しくて、そんな味を出すのには、私にはまだまだ修行が足りません(涙)

そして、同じようにシンプルなものを作りだすことも一番難しいんです。
材料が山のようにあるレシピの方が実はコツさえつかめば
簡単なように思えるのも…私だけでしょうか?
簡単なレシピこそ実は奥があって難しいもんです。

パティシエを始めてから、そして今もその思考から抜け出せずにいます。

ミルフィーユを食べました。
カスタードクリームが少し甘すぎる感じがしました。
(従業員のくせに偉そうですが(笑)
シンプルだからこそ、真の味を極めることは、きっと容易ではないんだと感じました。
[PR]
by s_ma_vie | 2010-03-28 07:07 | Gateaux

最近の私



前髪、切りました。
4ヶ月間、伸ばしてました。
昨日、韓国人の友達と会った時に「前髪あったほうがいい」って言葉に
あっさり負けて、切りました。
そしたら職場で評判良くなるのは…何故なんでしょう(T-T)

フランスで出来た友達に「しゃべらないほうがいい」ってよく
言われるようになりました。
静かにいた方が女らしいってこと?(T-T)

大切な友達の誕生日メールを送るのを忘れました。
1ヶ月前は覚えているのに。
もう常習犯です。勘弁してください…。

毎晩、晩酌しています。
フランスに来てからさらに酒豪になった気がします。
(日本の友達よ、覚悟しておいて!朝までコースよ!)

実は超偏食だったことに気付いたこの頃。
友達に話すと「…変わってるね」と言われる。
書きたいけど…あえて書きません。

不思議なことに
コインランドりーで洗濯すればするほど
靴下片方なくなります。
洗濯は週一って決めてるから、最後には履くものがなくなって
色がバラバラで出勤するなんてよくあります。

最近、道を歩きながら鼻歌「フフフーン♪」歌いながら歩くようになりました。

独り言も増えました。



26歳。
今年、27歳。
独身、彼氏なし。





まだまだイケる!!(笑)
[PR]
by s_ma_vie | 2010-03-26 07:40 | ひとりごと

C’est le printemps.


春ですね。
家の前の公園に桜が咲いていました。

a0147837_21401852.jpg


日本からの友達のメールで
「日本はサクラが咲き始めました」と書いてありました。
そうかぁ~早いなぁ~日本は…って思ったら



こっちも咲いとるやんけ!!
って一人ツッコミしてしまうくらいびっくりしました(゜◇゜;)

桜を見ると日本の桜が恋しくなると同時に、フランスを離れることに寂しさが増しますね。
[PR]
by s_ma_vie | 2010-03-25 00:33 | France

HUGO&VICTOR


最近オープンしたパティスリーを紹介します。
職場でも話題になったので、休みの日にさっそく行ってきました。

a0147837_8215298.jpg

高級感のある内装はもちろんながら、ケーキ屋とは思えないくらいの清潔感がありました。
a0147837_8224342.jpg

a0147837_8231188.jpg

店内は撮影禁止でしたが、最近Parisで流行っているのか
ディスプレイ用に1個ずつケーキが置いてあって、それを注文すると奥から店員さんが
持ってきます。完全に「商品価値」が解るお店作りをしてありました。

今回買ったのはCitron VertのVerrine(5.8€)
a0147837_8234474.jpg

店員さんが言うには、Citron vertはタイ産のものだそうな。
確かに食べてみて酸味が強く、それなのに後味がすっきりしていました。


あと、マカロンも食べましたが、ふんわりした食感。
a0147837_8243354.jpg

私は職場のマカロンをつまみぐいして味が慣れたせいか、ベチョっとした食感も重いマカロンの方が好きです。
ふんわりしたマカロンがお好きな方は是非是非どうぞ!


私、この店気に入りました!しばらく通い詰めること決定です。
私は結局、こんなParisちっくな新感覚のケーキが好きなようです…。
それに店員さんがめちゃめちゃ優しい!
丁寧に一つ一つ教えてくれて、質問にもちゃんと答えられる素晴らしさ。
そしてノリもいい!(笑)そう思うと、ケーキ屋っていう一部で、販売の方はその店の鏡です。

40 Boulevard Raspail 75007
Tel 01 44 39 97 73
月~土 9時~20時15分
日 9時~13時30分
www.hugovictor.com
[PR]
by s_ma_vie | 2010-03-24 08:24

終盤戦です


Paquesの仕込みもようやく終わりに近づきました。
と言っても、実は1月中旬から始まっていたので、今年はきっと余裕で終わったんだと思います。
(シェフがあんまりイライラしてないんで(笑))
チョコレート担当のアルベルクがメインでみんなで手伝うというパターンでした。
恥ずかしい話しですが、チョコを扱うようになったのはこの店からです。
アルベルクに一から教えてもらって、今に至っています。
ものすごい勉強になっています!!
私は彼のことをシェフショコラと呼び、仲良くしています(^-^)
(本人も悪い気がしてない様子♪)

さてさて、Paquesのチョコレートは卵型やうさぎが基本ですが
Pain de sucreは他にいろいろなチョコがあるのでほんの一部を(勝手に)紹介します。
a0147837_621223.jpg

像。
他にかばもあります。
中は空洞で、中には魚の形をしたチョコが入っています。

a0147837_6214592.jpg

こっちは…きっとウサギ。
作っている過程では面影が全くなくて、みんな「変だ」って言いまくってました(笑)
出来上がると…なんとなく可愛い気も…??

a0147837_6222149.jpg

そしてこっちは…馬?
これはまだ未完成ですが、お面にチョコを流して作ったもの。
未だに工場の片隅にはお面の山が…(笑)そして、それで遊ぶ私たちなんですが(笑)


今週に入って、やっとPaquesの仕事も落ち着いたのでみんなにも余裕がでてきたみたい。
最近、仕事場の仲間といる時間が楽しいんです!
心の底から笑っている自分がいます。
やっと、仕事場の一員として輪に入れた気がします。
今ままではどこかで会話ができないことに少し引け目を感じてました。

しかしバカンスが明けてからというもの、私の中で何かが吹っ切れたらしく以前より話しかけている自分がいます。
それに答えてくれるかのように、みんなも話しかけてきたりしてくれています。
今日は秘密の社内恋愛を教えてくれたり(!)
たまにはフランス語の発音レッスンをしたり(笑)
じゃんけんを教えて、どっちが仕事をするかで何回も勝負したり…。

えぇ、仕事中なんですけどね(^^;)
そういう時間も、そういう日もあっていいんだと私は思います。
日本で働いてる時は、忙しくてイライラしてどっか病んでたなぁ…って、今思えばね。

それにここはフランス。フランス人に合わせることも大事なことです。
フランス人と過ごす時間ももう限られているので…。



今日はシェフが気前よく売れ残ったケーキをくれました♪

a0147837_6353362.jpg

「楽しい」って感じれる時間ってほんの一瞬でも、その楽しさが記憶に残るからいい思い出に変わるんです。


そういう日もあっていいんです。
[PR]
by s_ma_vie | 2010-03-23 06:28 | Gateaux

心を描く人


ここ数週間、私の住んでる家を見続けている人がいます。
ストーカー?スパイ??
違います。

画家です。
a0147837_52221.jpg

なんでこんなとこ!?って思ったけど
こういう場面を見ると、芸術の国だなぁって思います。
彼の書いている右側が私の住んでる家。

彼の見える世界は、彼の力で形になり絵という姿になって残り続けるのです。
画家という世界も、パティシエという世界も、きっと手に職がある世界は、自分を表現できるものだと私は思う。
そう思うとすごい力を持ってるね!
手に職って悪くないなぁって。

a0147837_5224964.jpg

完成した絵を見てみたいなぁ…。
[PR]
by s_ma_vie | 2010-03-22 05:22 | France

新たな疑問


昨日、久しぶり…?いや、ほぼ初めて並みに自分の職場のケーキを買って帰りました(爆)
何故かというと、職場でいつもこっそり味見してたから完成品を買うことがなかったから。
たまーに賄いに売れ残ったケーキが出るから、それで味を確かめてんたんだけど。

バカンス明けから、新商品が続々出てきてとても気になっていました。
なんたって「味が想像できない」から。
その想像できないケーキたちを紹介します。

a0147837_17335962.jpg

RIFIFFI
これはクルミのムースに、下がリンゴのコンフィ。
これが一番美味しかったです。

a0147837_17353664.jpg

Cheese cake Angelique
チーズとリュバーブの組み合わせ。
残念ながらチーズの味よりも、リュバーブの方が味が上回っていて…どっちが
メインだかわかりませんでした。

a0147837_17373768.jpg

FRANQUETTE
マンゴーのソースにお米のリゾット。
マンゴーの果肉も入っています。


こうやって食べてみて、考えさせられることがありました。
正直、私はこんな変わった発想のケーキばかりに目がいっていて
「本当に美味しいケーキ」がなんなのかわからなくなってしまいました。
確かに職場のケーキも美味しいのですが…
私はどこかで勝手に「うちの店のケーキは美味しい」と信じ込み洗脳していた気がします。
なんて言っていいか、ちょっと難しいんだけど…。


本当に美味しいケーキとは一体何?


昔からの伝統を守り続けるフランス菓子?
シュークリームやデコレーションケーキの洋菓子?
それとも新感覚の組み合わせや、新しい感性のケーキ?
素材を厳選したもの?
それとも3時に食べるおやつ??
それともスナック菓子~~~!???←ケーキじゃない(笑)

私の頭は大パニックになり、しばらく寝るのに時間がかかりました。
頭の中で緊急会議が行われたものの、結論が出ず会議は後日に変更され…(笑)

「本当に美味しい物」ってなんなんだろう?
私はその答えの道に向かっているのだろうか?
あぁー誰か教えて~!
[PR]
by s_ma_vie | 2010-03-20 17:49 | Gateaux